化学種入りのヘアーカラーリング剤でこれ程髪が傷むなんて!

白髪が気になり始めてからは、染めるまま2剤を混ぜる人物の白髪染め剤を回数通年使っていました。単に白髪が多いのは面持ち友人だけだったので、1箱を2~3回に分けて、2週に一括程度の実践間隔でした。

白髪染めをしたヘアが、ふときしんできた感じはありましたが、勤めの忙しさにかこつけて、丸々白髪染め剤を使い続けていました。なのでかりにヘアが傷んでしまったかに見抜くのは、大変後になってからです。

若い頃はパーマを好んでかけていましたが、白髪染めとパーマを同時期にすると、ヘアが傷むのは知っていましたから、白髪染めをしている間はパーマをかけるのを我慢していました。

ある時、惜しくもおしゃれをしたいという思い立ち、前髪だけ強めにパーマをかけてみました。自分の中では、ちょっとだけイメージチェンジ、ちょっとだけ幼くなって「ドキドキなあたし」が颯爽と歩いているコーディネートが見えていました。だが・・

とにかく苦痛が少ない薬剤を指定したわけではありませんが、いよいよパーマをかけてみると、誠にヘアが傷み過ぎていて、パーマがとてもかからないのです。異常な程の縮れ毛になっただけ。すぐにこれがヘアーカラーリング剤の結末だとわかりました。

年代をとってヘアが狭く弱くなっておるところへ、ヘアーカラーリング剤、パーマ液のダブルパンチでこうなってしまったのです。こうなるのが予想できなかったあたしが悪賢い。カーラーで巻いてもすぐにカールが取れて仕舞う体制を目の当たりにして、仮に後悔したことか。お尻の黒ずみにピーチローズ