例年増えてきた変色といったそばかすに溜め息ばっかり

 ういういしい間は、UVを浴びすぎるという歳をとってから変色やそばかすになるから気を付けてなどというアナウンスはありませんでした。夏場ばかりや山野でのゲームはもちろん、今のようにマッチ好機もなかったので、ゲームといえば外側でした。部活も日焼け止めなど塗りつける軽々、真っ黒になって練習していました。

 小麦色の肌が若さの表号であった時代は去り、今日はその時に浴びたUVのショックが変色やそばかすとなって例年増殖中です。時や今や遅しといった後悔しても、浴びてしまったUVを無くすことはできません。

 少なくとももと美肌に良いとおっしゃるビタミンCを多彩盛り込むも食材を取ったり心がけるのですが、効果は見られません。ネット上では様々な栄養剤なども紹介され、またレーザーによる染み受け取りなどもあるようですが今一信用しきれず試したことはありません。

 内取ったら際限なく染み受け取りをすることになりそうで、レーザーが怖くて踏み切れません。ファンデーションの厚塗りやコンシーラーではぐらかしつつ、ういういしいときにしばし気をつけておけばよかったなあって反省しきりだ。

 今は人肌科などでも美容外来があって、染み受け取りなどの医療を行っていることもありますが、にきびなどの医療と違い、保険の選択はないので仕入れ値で費用もそれなりになるのかとまったく行ったことはありません。

 少なくとも表情だけでも明るく、染みもしわもライフの勲章ぐらいに達観できるようになりたいものです。ちょい修行が足りません。冷え性だから、いつもお腹が冷える。温かい飲み物が手放せない。