サプリやサプリメントだけに寄りかかる健康維持は、異なるのでは?

最近は健在をお話にした食事や栄養剤が、表通りにあふれていますね。
ほんとうに病人は、たぶんお医者さんにかかって薬を飲んでいると思います。
これほどサプリや栄養剤が売れている理由としては、病気になる前の警備的要求ではないでしょうか?

もちろん誰でも病気にはなりたくないし、健康寿命は長くなってほしいものですね。
但し、それをサプリや栄養剤だけに頼るのは、どうかな?と思います。
サプリや栄養剤は、体調が腹黒いのを鎮静や抑制することはできても、治してはくれません。
輩には元来、自分で疲弊や病気を癒す「スタミナ」って「耐性」という力があります。
その真骨頂を維持していくような、健全な食事、生活習慣、適度な行為のほうが大事なような気がします。

も、そういった健全なくらしができない、あるいはお断りから、サプリや栄養剤に頼るんですよね。
但し、スタミナって耐性を維持するチャレンジをせずに、サプリや栄養剤だけに頼ったくらしだけをしていると、ますますスタミナや耐性は落ちていきますね。
そうしてスタミナや耐性の落ち込みにて、どんどん疲れやすく病気になりやすい風習になっていきます。
最後にはお医者さんにかかって、薬に頼る、という最悪の結果になるのでは?
しかもその頃には、日々の栄養剤の常用を通じて、本来の薬の反響も出にくい風習になっていますね。

最も健在を維持するには、健全な食事と生活習慣、それに適度な行為がベストな方策です。
サプリといった栄養剤は飽くまで、その副次的なキャパシティーと考えたほうがいいのではないでしょうか?
食べたいものを食べたいだけ採り入れる、自分勝手なくらしをする、どしどし行為はしたくない。
体調に良くないことはわかっていても、こんなくらしを続けたいためにサプリや栄養剤に頼る。
あんなくらしは楽で圧力は溜まらず、メンタルには健在ですが、そのぶん身体的には衰えて、不健康になっていくのではないでしょうか?天然水だけが良いわけじゃない。ボトルドウォーターにも良い面はある。